ker67の毎日生活日記

就職日記、生活日記、お買い物、ショッピング。

就職日記 20 ステンレス鋼材 金属加工事業2

f:id:ker67ha:20211023104238j:plain

ステンレス、アルミなどの現場で使用する材料の計算です。

f:id:ker67ha:20211023104243j:plain

パイプの材質(ステンレス、アルミ、鉄、形状、太さ)によって4M 4000(メーター)、5M 5000、6M 6000の数字の中に使用する材料の全長を計算して数字内に収めます。

曲げの種類によって変わります。

コの字曲げなどでは+100(50+50)を多めに計算に入れておきます。

リング曲げ、R曲げなどでは、+400(200+200)を多めに計算に足します。

実際にその数字を入れないと製品をお客様の所で切断するときに少なくなってしまうので、両幅に余裕を持たせます。

この時に現場で試し曲げの数字も入れておきます。

これも曲げる太さの機械によって数字が変わります。

実際に工場で曲げてみないと綺麗に仕上がらない事も多々あります。

パイプの太さ、機械によって変わりますので、現場との相談をして決定します。

f:id:ker67ha:20211023104249j:plain

使用できるメーターは材質によって変わります。

丸棒は2M,4Mの場合が多いです。カタログにサイズによって使用できるメーターの規定が載っています。基本的にはこちらを確認しています。

 

パイプの材質(ステンレス、4M 4000(メーター)、5M 5000(メーター)、6M 6000(メーター)

パイプの材質(鉄「スチール」、5.5M 5500(メーター)

パイプの材質(アルミ、5M 5000(メーター)、6M 6000(メーター)

 

材質、形状、太さ)によって4M 4000(メーター)、5M 5000、5.5M 5500、

6M 6000の数字の中に使用する材料の全長を計算して数字内に収めます。

f:id:ker67ha:20211023104300j:plain

図面の斜辺を求めないと数値が出ない場合は直角三角形(180度)をお仕事時に毎日書いています。曲げる機械がない為、60.5π(パイ)以上のパイプを曲げる場合は外注の会社で曲げてもらいます。

f:id:ker67ha:20211023104305j:plain

つかみとはR(直径)の事です。機械に入れてパイプを曲げる金型にセットします。

曲がっている所にはRが存在します。例えば4カ所曲げの時はRが4つも存在します。

曲げしろ0.01745の箇所が4つあります。

1カ所パイプを曲げる度に曲げ代が500円程発生します。加工賃と使用する材料賃が発生した金額が品物の販売価格です。

ステンレスとアルミの仕入れ価格も毎日変動していますので、価格も変動します。

f:id:ker67ha:20211023104311j:plain

パイプベンダー1型と言う機械があります。

27.2π(パイ)→5π(パイ)までの小型の製品を曲げることが出来ます。

 

パイプベンダー2型では大きな製品を加工できます。

30π(パイ)→60.5π(パイ)までの大型の製品を曲げることが出来ます。

担当者のお名前も覚えておきましょう。

f:id:ker67ha:20211023104316j:plain

SGPとは、ガス管の鉄(スチール)の事です。5.5M(メーター) 5500

f:id:ker67ha:20211023104322j:plain

支給材とはお客様が材料を用意して支給して頂いて材料を使用して計算します。

無駄がなく細かな材料計算が必要になります。

f:id:ker67ha:20211023104328j:plain

現場では、曲げしろと言うR(直径)の箇所の細かな計算をします。

材料を無駄なく少ない数字で収める為です。

上記の例ですと使用する材料は4M×2本が必要になります。

HLはヘアラインです。ステンレスの肌の材質を表しています。

#400は化粧パイプです。お客様の注文が実際にある場合は#400を何本下さいと注文が入ります。

f:id:ker67ha:20211023104333j:plain

計算と図面が書けるように毎日書いています。

お客様との注文をお受けになる際には自分でも図面と計算が書けるようにしておかないと答えられないからです。

f:id:ker67ha:20211023104339j:plain

上記の図面では高さと底辺の数値を使用して斜辺を導いて出します。

f:id:ker67ha:20211023104344j:plain

f:id:ker67ha:20211023104349j:plain

f:id:ker67ha:20211023104355j:plain

f:id:ker67ha:20211023104400j:plain

f:id:ker67ha:20211023104406j:plain

f:id:ker67ha:20211023104413j:plain

f:id:ker67ha:20211023104418j:plain

f:id:ker67ha:20211023104423j:plain

f:id:ker67ha:20211023104428j:plain

f:id:ker67ha:20211023104434j:plain

上記の図面ではリング曲げ内径が900π(パイ)ですので

芯寸法に直します。内径の場合は27.2πを足します。外径の場合は27.2πを引きます。

900π+27.2π

927.2π×3.14159(円周率)=2912.88

この数字で正しいのですが、材料がピッタリでは切断するときに少なくなってしまいますので、つかみの部分を+400します。

2912.88+400=3312.88

数字を繰り上げて

3313にします。ℓ3313この数値がリング曲げに必要な全長(N)です。N3313

 

f:id:ker67ha:20211023104444j:plain

今回の図面は360度ではない為、リング曲げではありません。

R曲げと言う製品に変わります。

360度のリング曲げではない為、今回は円周率は使用できません。

その代わりに曲げしろの数字を使用して計算します。

360度-23度-23度(314度)

298R(直径)×0.01745(曲げしろ)×314度(角度)=1633

1633+400(つかみ)=2033

f:id:ker67ha:20211023104449j:plain

中には酸洗棒の注文の表記で丸棒と判断します。

 

f:id:ker67ha:20211023104500j:plain

お客様の注文には、図面がない場合があります。文字から図面を起こしています。

SGP15A-PCD2920π(パイ)=1リング(0.5リング×2巻き)

SGP40A-内径2950π(パイ)=1リング(0.5リング×2巻き)

SGP50A-内径2950π(パイ)=1リング(0.5リング×2巻き)

SS丸棒π(パイ)22-PCD1160π(パイ)=1リング

 

0.5リングを2巻きとは今回は、180度のリングを2個下さいと注文されています。

360度のリングで計算をしますと、定尺(指定の材料の数値)に収まらない為、180度のリングにして計算します。

f:id:ker67ha:20211023104506j:plain

f:id:ker67ha:20211023104511j:plain

f:id:ker67ha:20211023104516j:plain

f:id:ker67ha:20211023104522j:plain

f:id:ker67ha:20211023104527j:plain

最後まで閲覧ありがとうございます。